オススメリンク
最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ダクトを綺麗に保つには
掃除

事務所で長年勤めてると、その事務所の臭いに鈍感になってしまう場合があります。
その場所での生活が身についているので少々の変化には気づかないものです。
しかし、ある時お客様より臭いが気になるとご指摘を賜りました。
言われてみれば確かに臭いがありましたので、業者さんに連絡をして調べてもらうことにしました。
するとダクトが古くなって、そこから臭いがするとのことでした。
長年使用していたのでダクトを交換をすることを怠っていました。
ダクトを交換するために清掃工事をすることにしました。
業者に清掃工事の費用がどのぐらいかかるか見積書を取りました。
割と安価で清掃工事が出来そうでしたので、清掃工事をしてもらうことにしました。
作業もプロが行うので作業時間も短時間で済みました。
仕事に影響もなくダクトの清掃工事をしてもらえました。
これで、臭いの元を絶つことが出来ました。
お客様からも一切臭いについて言われることがなくなりました。

ダクト清掃工事のこれからの変化

一般家庭や飲食店にはダクトが付いていることが多いです。
このダクトは丈夫そうに見えますが、案外デリケートなものです。
そのため定期的に掃除をして綺麗にし、事故や破損が起きないように配慮する必要があります。
そのような工事を頼む時は、ダクト清掃工事業者に依頼する事になります。
ダクト清掃工事業者は昔からいますが、最近はネットを使ったビジネスが拡大しています。
そもそもダクトはあまり掃除などをしない所なので、気づいたら壊れていたということが多いです。
そのため急いでに工事をする必要があるので、対応のしやすいネットの清掃業者が成長しています。
また最近は清掃作業の目的はそれほど変わらないのですが、問題が起きた時の対応の方法が変わってきています。
ダクトを掃除するときは分解をしたり、大型の場合は内部の奥まで人が入って作業をします。
その時に人が入って作業をすると大変なので、この頃は特殊な機械を使って処理をする業者が出てきています。
空気圧の違いなどを使い自動で埃や汚れを取ってくれる機械を使って、自動処理で清掃作業をします。
このような業者が出てきたことももうひとつの変化だといえます。
今まで人の手でなければできなかった作業が、機械だけでどうにか出来るならばコストの削減が出来ます。
そしてコストの削減ができるようになれば、その分利用者の負担が減ることになります。
またこれからは予防的な清掃工事が流行る可能性もあります。
つまり事前に汚れがつかないようにダクトを加工して、埃や汚れの問題が起きないようにしておくシステムです。
このシステムが発達してきたら、産業の形が大きく変わります。